日々起案

田舎で働く弁護士が、考えたことや気になったことを書いていきます。

ボールペンはサラサ派

ボールペンは大事な仕事道具ですが、どんなボールペンを使うかは好みの分かれるところでしょう。私は断然サラサ派です。

シェア的には、ジェットストリームが強いように思います。確かにジェットストリームは書き心地が良いのですが、やはりどうしても、書き始めのかすれと筆記中のインク溜まりが気になります。普通の油性ボールペンより遥かに低減されているとはいえ、ゲルインクボールペンに比べるとどうしても無視できないレベルです。

あるいは、フリクションボールペンをメインにしている人もいるかもしれません。私も、書き直しが必要な手帳にはフリクションボールペンを使っています。しかし、フリクションは、メインにするには書き心地も発色も酷く、インクの減りが異常に早いので、正直メインとしてはまともに使えるレベルではありません。

私は、高校生の頃からボールペンでノートを取っていましたが、大学以降は完全にサラサだけを使ってきました。司法試験受験中は、サラサの黒の替芯を何本買ったか分かりません。

今は、サラサの中でも、既に廃番となってしまったサラサ3+Sという多色ボールペン(黒・赤・青の3色+シャープペンシル)を使っています。緑は要らないがシャーペンはたまに必要になるので、これが最適なのです。ゼブラさんには、是非ともサラサ3+Sの復刻をお願いしたいと思います。